制度の変更により、未登録では
飛行できなくなる場合があります!
ドローン全ユーザーの皆様、
至急ご確認ください!
100g以上のドローンをお持ちの
企業の方・個人の方
無人航空機の登録はお済みですか?

2022年6月20日から、
無人航空機を識別するための登録記号を表示し
リモートIDの機能を備えなけばなりません

リモートIDの機能なしでの飛行は違法となります!
注:登録制度の適用範囲(機体重量)について
従来では「重量が200g未満の機体」は航空法による飛行規制の対象外でしたが、2022年6月20日より「重量が100g未満の機体」となります。これにより、100g以上の機体は航空法の対象となり、機体登録が必要になります。該当する機体を登録をせずに飛ばした場合、1年以下の懲役か50万円以下の罰金が科されることとなります。 *一部対象外があります。詳しくは国土交通省ホームページでご確認ください。
A

2022年6月19日までの事前登録を行うことで

リモートID機器などの搭載の免除
受けたい場合
国土交通省「無人航空機登録ポータルサイト」より事前申請を行ってください。

オンラインなどで事前申請を受け付けており、所有者は氏名や住所、型式を申告し、審査通過後に手数料を支払えば、登録番号が割り当てられます。番号は、機体にシールや手書きで表示します。飛行中は地上から見えにくいため、電波でも発信しなければなりません。
※3年で更新が必要になります

登録方法を見る
B

事前登録が間に合わなかった場合

リモートIDを搭載することで、
今まで通りドローンを飛ばせます!
機体登録と外付け型リモートIDの取り付けを行うことで、ドローンの飛行が可能になります。

登録対象は重さ100g以上の機体です。これまで航空法による飛行規制の対象外だった小型機も含まれますので、ご確認ください。

「外付け型リモートID」とは?
自動車でいうナンバープレートのような役割のものです。リモートIDを登録することによって、各機体に対して固有のIDが付与されることにより機体所有者を識別することが可能になります。
将来的には、内蔵型の無人航空機が増えてくると予想されますが、2022年5月現在、リモートIDが内蔵されたドローンは普及しておらず、「外付け型リモートID」という、機体へテープやベルトで固定するタイプのリモートIDが普及しています。

TEADのリモートID

TD-RID

装着用テープ付き

機体への負担を最小限に抑えられる
12g
のリモートID
(外付け型)発信機
2022年5月より、販売店へのデリバリーを順次スタート
ユーザーの利便性と機体の安定性を考慮した、柔軟な配置が可能な小型リモートID

※取り付け方法は一例です。取り付け方法についてはドローン機体の各メーカーにお問い合わせいただくか、センサーの位置、機体のバランスを考慮しながらご自身のご判断でお取り付けください。

  • 「TD-RID」は安心の国内製造

    製造工場は国際規格であるISO9001(品質マネジメントシステム)を取得した国内工場で、徹底した品質管理の下で製造しています。

  • 万全のセキュリティ対策
    • ①通信傍受対策
      LE secure connection
    • ②鍵の管理
      鍵を暗号化して格納
    • ③改ざん・なりすまし防止
      メッセージ認証コード(MAC)付与
無線方式 Bluetooth 5.1 Low Energy(GPSモジュール内蔵)
周波数 2402~2480MHz
送信電力 5dBm
動作時間 約8時間
電池 LiPo充電池 (充電時間 約2時間、micro USB充電)
防塵・防水 IP54相当
仕様環境条件 -10~-50℃ 湿度90%以下
サイズ・材質 40×30×14mm(ポリカーボネート)
重量 12g
飛距離 300m以上(地上見通し)
規格適合 日本電波法認証・SIG認証

「TD-RID」は、各販売店よりご購入いただけます。
また、
「機体数が多く設置までお願いしたい」
「機体とリモートIDの管理・保守を相談したい」
「内蔵型についての相談をしたい」という方は、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

TEAD

わたしたちTEADは無人航空機の多岐にわたる可能性に期待を寄せる多くの事業体のために、
機体のプランニング・開発製造、メンテナンス、実務トレーニング、そしてオペレーション支援等を通じ、
様々な課題を解決するソリューションカンパニーを目指しています。

ドローンに関するあらゆるご相談、お任せください!
  • リモートIDの相談・販売
  • 自社製造の機体へリモートIDを内蔵したい
  • 大型産業用ドローンの開発・販売
  • モーター・バッテリー等の販売
  • 各種運用や導入サポート
  • 小型ドローンを活用した設備点検
お問い合わせ

登録方法

ドローン機体の登録は、国土交通省無人航空機登録ポータルサイト」でのご登録となります。詳細は該当サイトにてご確認ください。

TEAD
STEP 1

申請

ドローンの所有者および使用者の氏名・住所などの情報、機体の製造者、型式などを入力して申請します。

TEAD
STEP 2

入金

クレジットカードや銀行など、指定の方法で申請にかかる手数料を入金します。

TEAD
STEP 3

登録記号発行

すべての手続きが完了しますと、申請したドローンの登録記号が発行されます。

TEAD
STEP 4

リモートID書き込み

ドローンを飛行させる前に、スマートフォンアプリを利用してリモートID機器等に発信情報を書き込みます。

無人航空機登録
ポータルサイトへ

お問い合わせ

リモートIDに関するお問い合わせの他、ドローン保守・運用などあらゆるご相談をサポートいたします。
お送りいただきました内容を元に、後日担当者よりメールまたはお電話にて返答させていただきます。

は必須項目

会社名・団体名
お名前
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容
お問い合わせ詳細

個人情報の取り扱いについて
確認しました。