神川町役場にて調印式が行われました


2019年1月23日(水)に埼玉県の神川町役場にて「行政課題等の地域問題解決を目的とした無人航空機活用の実証実験等に関する協定」の調印式が行われました。
神川町町長の山崎様、副町長の田村様をはじめ、本プロジェクトをサポートしていただくサポートチームの皆様にご出席いただきました。
今回の協定は、自治他が抱える問題点をTEADが開発を進めるハイブリッドドローンを活用して解決してゆくもので、今後はサポートチームと連携し事業展開してまいります。


調印式終了後、神泉の多目的施設へ移動し、実証実験に使用する予定の機体HAROのデモフライトを行いました。快晴のなか、フライトは無事終了しました。


お問い合わせはこちらから