TEADとスカイマティクスが産業用リモートセンシング分野で業務提携

TEADとスカイマティクスが産業用リモートセンシング分野で業務提携

TEAD株式会社(以下「TEAD」)と株式会社スカイマティクス(以下「スカイマティクス」)は、この度、産業用リモートセンシング分野での業務提携を開始しましたので、お知らせ致します。

今後両社は各々の製品の特徴と事業経験を活かして、

  1. TEADの販売・整備網を活用したスカイマティクスの葉色解析サービス「いろは」と農薬散布クラウドサービス「はかせ」の国内展開
  2. TEADの農薬散布ドローン「Mulsan DAX04」とスカイマティクスのクラウドサービスの連携
  3. 両者の技術を活かした新製品の共同開発と販売
での協業を目指します。

drone_xs1 service2_app4

スカイマティクスの葉色解析サービス「いろは」

TEADは、無人飛行機(マルチコプター・ドローン・UAV)の様々な可能性に魅力を見出す日本の多くの企業様のために、機体の設計・製作、メンテナンス、パーツ輸入販売、そして空撮業務にいたるまで、様々な角度からその利用を支える、ソリューションカンパニーを目指しています。
農業用分野のマルチローター型ドローンでは日本で初めて農林水産航空協会による性能確認基準の適合を受けた農薬散布用マルチローター「Mulsan DAX04」を2016年7月より販売しています。

スカイマティクスは、「空から無限の情報を届け、あらゆる産業の課題をリモートセンシングで解決する」ことを目指し、ドローン・人工衛星という先進的なハードウェアと、画像処理解析・AI・IoTという革新的なソフトウェアを融合し、お客様が簡単に上空を活用し、業務に活かせる産業用リモートセンシングサービスを開発・提供しています。
5月31日よりスマートアグリサービス第一弾となる高性能産業用ドローンとクラウドサービスを組合わせた農薬散布クラウドサービス「はかせ」と葉色解析クラウドサービス「いろは」の販売開始を予定しています。