レモン/ミカン栽培場防除デモ 本年3回目

2019年7月17日(水)広島県呉市豊町にあるレモン/ミカン栽培場にてTA408を使用した柑橘防除の実証実験を行いました。
今回も大信産業株式社様にご協力いただきました。本年3回目の散布作業になります。

前回同様、完全自動飛行(圃場を計測してそのエリアを自動飛行)で散布作業を実施しました。
作業を行った場所は斜度25度程あり、人力による散布では約2時間/反かかるところ、TA408の自動飛行では約5分/反で作業が終了しました。 遠隔操作飛行では約12分/反で散布でき、ドローンで散布することにより安全かつ迅速に作業を完了することができました。
(※本動画は自動飛行のものです。)

本年の防除作業は終了です。 効果結果は10月ごろ発表予定です。
TA408を詳しく見る