Blogブログ

ドローンの定義とは?無人航空機ってなに?ドローンの基礎知識、初心者必見!

近年ニュースなどでよく聞く「ドローン」という単語。なんとなくイメージはできるけど説明してほしいといわれるとうまく言えない方が多いのではないでしょうか。
「ドローンに興味はあるけれど、なんだか難しそう」「ドローンってよく聞くけど何に使われているの?」と思っている皆様に基礎知識からドローンに関する法律まで、本ブログでお伝えします。
ドローン操縦をこれから始めたい方や、ビジネスへの活用に関心がある方は是非ご覧ください。

最近『ドローン』って単語をニュースとかでよく聞くな~。
興味はあるけど知識が無いから飛ばしてみるのはハードルが高い気もするし…
まるちゃん
まるちゃん
ドロン先生
ドロン先生
こんにちは!そこの君、ドローンに興味がおありのようで!!
うわ!びっくりした!だ、誰ですか?!
まるちゃん
まるちゃん
ドロン先生
ドロン先生
通りすがりのドローンに詳しい先生です。『ドロン先生』とお呼びください。ドローンユーザーを増やすため、日々いろんな人にドローンについての知識を伝授しています。
(なんかあやしい…)
まるちゃん
まるちゃん
ドロン先生
ドロン先生
(なぜかあやしまれている…!)まずはドローンの定義についてお教えしましょう!

■ドローンの定義とは?

ドローンの定義を大まかにまとめるとポイントは2点。
・遠隔操作または自動操作により飛行させることができる
・人が乗ることのできない回転翼飛行機
以上2点の条件を満たすものがドローンとなります。
要するに「人が乗らずに操縦する回転翼飛行機」がドローンになるということです。
また、上記の条件にあてはまるものをドローンとはまた別の言い方で「無人航空機」といいます。

 

■無人航空機って何?

無人航空機とは「構造上、人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であり、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの」と航空法で定義されています。
無人航空機は機体本体とバッテリーの重量によって2種類に分類されていて、
・無人航空機:機体本体とバッテリーの重量は200g以上
・模型航空機:機体本体とバッテリーの重量は200g未満
となっています。

ドロン先生
ドロン先生
またドローン以外では、農薬散布用のヘリコプター、ラジコン機などが無人航空機に該当します。
へ~そうなんだ!しらなかった~
まるちゃん
まるちゃん
ドロン先生
ドロン先生
ドローンは無人航空機だ、と覚えられたらOKです。
でも先生、ドローンの飛行に必要な知識ってこれだけじゃないですよね…?
まるちゃん
まるちゃん
ドロン先生
ドロン先生
もちろん!飛行に関する簡単なルールから航空法の法律についてなど、覚えることはたくさんありますが、まずは簡単な基本操作やルールについて学んでいきましょう!
はい!よろしくお願いします!
まるちゃん
まるちゃん
ドロン先生
ドロン先生
次回はドローンの基本操作について勉強します。